TOP
news gallery diary online store stockist

本年もどうぞよろしくお願いいたします

2017/01/10
CATEGORY:ひびのこと
新年明けて三連休も終わり、むすめの保育園も始まり、ようやく日常のリズムが戻ってきました。
昨年は、両手でおさまるほどのちっぽけなむすめと共に仕事を再開して、家族でいろいろな状況に直面しながらも何とか無事に一年を終えることができました。
その時々は必死でしたが、振り帰ってみると充実した楽しい一年だったように思います。
支えてくださった皆さま、新たに出会えた皆さま、家族のみんなありがとうございました。

年末に嬉しいことがありました。
ciitoのピアスをプレゼントでいただいてから、2年ほど使ってくださっているという方。
片方無くしてしまったので購入されたいというご相談と共に、残った片方の使い込んだ糸玉も新しいものに交換して、その古い糸玉はネックレスにしたいとのことでした。
お送りいただいた使い込んだ糸玉も大変きれいな状態で、2年の間大切に使われていたのとお客様の人柄が垣間見えて大変嬉しかったです。
何より小さな糸の一粒を大事に思ってくださり、作り手として益々気持ちを込めた制作を
しなければと思いました。

長くお使いいただきたいので、ciitoではいつでもお直しを承っております。
お気軽にメールでご相談くださいませ。

本年もあたたかな出会いが増えますように。
新たな一年もどうぞよろしくお願いいたします。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ひびのこと

2016/07/22
CATEGORY:ひびのこと
先日のマーケットには、前職の同僚たちが遊びに来てくれました。
フリーのカメラマンとして活躍するTAKAYUKI TAEDAさん。
ciitoの写真を撮ってくれました!
嬉しかったので、ご本人の許可の元紹介させていただきます。

000010__.jpg000009__.jpg

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


ひびのこと

2016/06/08
CATEGORY:ひびのこと
「いろいろ」で、嬉しかったことがありました。
私が学生時代に制作した作品を着用して大学時代の助手さんだった先輩が観に来てくれました。
大学3年生のちょうど今頃、テーマ展という課題で制作した着られる図鑑。
ナナホシテントウをモチーフにしたプリントがされているカットソーを15年近くも大事に保管していて、この日に着てきてくれました。
思わずこみ上げる懐かしさ、それから真っ直ぐすぎる作品の仕上がりの照れ臭さ。
参加作家さんが学生時代の友人たちだったことも手伝って、当時のことが一瞬で思い出されました。
ちょうどあの頃、日韓開催のW杯の真っ只中だったなぁ。
そしてこの頃は、シルクスクリーンに夢中だったなぁ。
忘れかけていた自分の作品と再会できて、恥ずかしいけどやっぱり嬉しかった!


展示会が終わり疲れがどっと出てしまい週の初めはスロースタートでしたが、今日は来週で終了するMIYAKE ISSEY展に滑り込みで国立新美術館へ。
ナナホシテントウに続き、ファッションを専攻していた学生時代のことを思い出しました。
何より、「一流のものづくりとは何か」を見せつけられた見応えのある展示内容でした。
楽しみにしていた映像作品は、暗闇でむすめがお話をはじめてしまい後ろ髪を引かれながら退散。。。

今の自分に強く問いかけてくる、背筋が伸びる2つの出来事でした。
明日から頑張ろう。

issey.jpg
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



いろ合わせ

2016/05/18
CATEGORY:ひびのこと
「いろいろ」の準備を進めている日々です。

子どもが生まれてから実家にいく機会が増えました。
自宅で二人きりでいると作業に集中できないし、遊んであげられずかわいそう、ということで徒歩15分ほどの実家に出向き、母に面倒をみてもらいつつ作業することが多いです。
私のいない時間を楽しむことができるむすめを、たくましく頼もしくも感じたり。

午後の実家はラジオがついていることが常ですが、最近は夕方になると大相撲を母が見始めます。
糸を巻きながら何の気無しに流し見していたところ、ふと色が気になりました。

一言で言い表せないような混ざり合った綺麗なまわしの色
青ひとつ取っても、紺に近いもの、ほんの少しだけ緑っぽいもの、水色に近いものなど。
四十八茶百鼠が見分けられるという日本人ならではの、この絶妙な和色の美しさに思わず作業する手が止まってしまいました。
行司の装束は、やさしい白色にグレーの文様で鮮やかな赤が差し色に使われていました。
このカラーリングは、制作中の作品に生かせそうです。

夕方に大相撲を見るなんて小学生以来だと思いますが、力士の取り組みはもちろん、大相撲の色に注目しながら見ると楽しみが増えそうです。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

日々のこと

2016/03/07
CATEGORY:ひびのこと
週末の出張LOCCAにお出かけくださったみなさま、ありがとうございました。
私は自宅で、娘のお食い初めと初節句を併せてお祝いしました。

IMG_4238.JPG
娘用のお雛さま。
小ぶりな優美立雛ですが、お店の方のご好意でお着物の生地を選ぶことができました。
いざ選び出すと色や柄にこだわりが出てきて、お店の方にアドバイスを貰いながら最終的に
殿は、袴の色に合わせてグレイッシュな絶妙な色合いに
姫は、松の模様で優しく上品な朱色のお着物に
私と夫好みの落ち着いたお雛さまに仕上がりました。
娘も気に入ってくれるといいのですが、子どもにとってはちょっと渋いかもしれません。
木目込を自分の手で作ってみたい気持ちもありましたが、初心者にはなかなか難しそうでしたので職人さんにお願いしました。
実生活で着物の色を選ぶ機会もなかなかありませんが、着物の重ねや帯の合わせを考えるのは楽しい時間でこんなに集中したのは久しぶりでした。

ちなみに元々のお着物の色はこんな明るい色合わせ。
明るい色合わせでかわいらしい雰囲気です。

C-57.jpg


FullSizeRender.jpg
お食い初めは、鯛が予定よりも大きくなってしまい、案の定グリルで焦げてしまいました。
私の母がなますと昆布巻きを作ってくれてとても助かりました。

ゆっくりでも健やかに育ちますように。





2 3 4 5 6 7 8 9 10 11